読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤謬って言葉を使いたかっただけ

このツイートを見たことがあるだろうか

 

Testosterone on Twitter: "悪口陰口嫌がらせ、全部暇人のやる事だから気にすんな。プライベートも仕事も絶好調で超ハッピーな人がわざわざ他人の事チェックしてケチつけねーだろ?自分がうまくいってなくて不幸で暇な奴が悪口陰口嫌がらせなんてするんだよ。「おう暇人!お疲れ!」って思っときゃいい。相手しても損するだけだ。"

 

ツイッターで拡散されているものの馬鹿馬鹿しさをいちいち指摘する方がむしろ知的な態度から遠いことだろう。しかし、このくだらない啓発まがいのツイートを目にすることがあまりに多く、さすがに辟易させられたので、腹いせとして批判しようと思う。

 

まずはツイートを上から読んでいこう。

 

>悪口陰口嫌がらせ、全部暇人のやる事だから気にすんな。

 

いきなり疑問の余地だらけの主張である。悪口陰口嫌がらせ(今後便宜上これらを行うことをdisると呼ぶ)は「暇人」によってしか為されないそうだが、これは一般的な「暇人」という語の定義とは明らかに一致していないだろう。別に暇だから人をdisるわけではないし、暇でない時に人をdisることがあることは自明である。実際、私は現在暇ではないが、くだらないツイートをdisるためにわざわざブログを書いているのだ。

さらに、この一文からは「暇人のやる事は気にしなくても良い」ということが前提になっていると読み取れるが、これが真ではないことも(一般的「暇人」の定義に基づいて考えれば)明らかだ。disの主体者が多忙か否かにdisの正当性、有意性が依存するわけがなかろう。

 

と、頭からおかしいことを言っているのだが、我慢して読み進めよう。

 

>プライベートも仕事も絶好調で超ハッピーな人がわざわざ他人の事チェックしてケチつけねーだろ?自分がうまくいってなくて不幸で暇な奴が悪口陰口嫌がらせなんてするんだよ。

 

ここまでよめば主張の大意は読み取れる。要するに、「超ハッピーならば人をdisらない」→「disるのは不幸で暇な奴(おそらくこれが頭の文の「暇人」の定義なのだろう)」→「disは聞くべきではない」という論理展開だろう。さらに、「不幸で暇な奴のdisは聞くべきではない」というのも前提になっている。

 

まず、「不幸で暇な奴のdisは聞くべきではない」という前提だが、明文化はされていないが、これは「不幸で暇な奴のdisは彼らが心に余裕が無く、単に妬み嫉みをぶつけただけのくだらないものだから気にすることはない。」ということだろう。これのうち、「心に余裕が無く、単に妬み嫉みをぶつけただけのくだらないdisを気にするべきでは無い」という部分は正しい。ルサンチマンからなる見苦しいdisをいちいち真に受けるのはまるで馬鹿らしいことだ。

 

しかし、この部分の正しさ、受け入れやすさを利用して恣意的に解釈を散大させていることが問題なのだ。

 

大元となっている「超ハッピーならば人をdisらない」という主張とその対偶と思しき「人をdisるのは不幸で暇な奴」という主張について考えよう。

おそらくこれら主張は「人をdisるのは心に余裕が無いからである」という前提に基づいている。おしなべてdisという行為は心の余裕の無さ、自分の自信の無さからくるものであり、それら劣等感に類する感情を持たない「超ハッピー」な人がdisなどするわけない、ということだ。

しかし——これら主張を信じ切って偽りの安寧を得ている人々にとっては受け入れ難いことかもしれないが——すべてのdisが劣等感に起因するなどということはありえない。そのことを我々は考えるまでもなく知っているはずだ。ジャイアンはなぜのび太をいじめるのか?スネ夫はなぜのび太の悪口を言うのか?まさかのび太に劣等感を感じているからだとは言うまい。心の不安を形に変えているとは言うまい。そのような要素が一切無いとは言わないが、最大の動機は「ただ楽しい」からである。

なぜ阪大生は関関同立をdisるのか?

「自らの優位性を確認して安心したいからだ」「学歴しか明確な自信のあるものがないからそれだけは誇示したいのだ」

なるほど妥当な指摘である。もっとも、核心的ではない。やはり最大の動機は「ただ楽しいから」なのだ。

社会規範としての道徳のある世界に生きている以上、そう思うことに禁忌感を抱いたり、そう言い切っている人(ex:私)に嫌悪感を抱くのは自然である。しかし、心の底から「disは楽しい」ということを否定できるだろうか?

知的に、あるいは容姿でもなんでもよい、劣っているもの、程度の低いものを蔑むのは面白いことなのである。

 

よって、「超ハッピーならば人をdisらない」などというのは全くの誤謬である。

 

>「おう暇人!お疲れ!」って思っときゃいい。相手しても損するだけだ。

 

「心の余裕の無さから人をdisることがある」

という命題から「人をdisるのは心に余裕が無いからである」が導かれないことは高1の集合論レベルであり、多少聡明であれば小学校低学年生でも理解できることだろう。

そんな少し考えれば誰でも分かることに向き合おうともせず、自分をdisるものはすべて「心の余裕の無い不幸で暇な奴」であると決めつけ見下すその姿勢は、ただ楽しいから人をdisっており、それを自覚的かどうかの差はあっても理解している知性ある人々よりもよほど冷酷で、醜悪である。

くだらない道徳では「正しい」disなどありはしないだろうが、disによって間違いに気付かされたり、知的にdisを楽しむことで有益にdisを受け取ることは可能だろう。そんなことにも思い当たらず相手しても損するだけなどと断ずるような白痴は、一生自分に優しくしてくれる人の話だけ聞いて、可能性を見て見ぬ振りをし、私はこれでいい、などと知性のかけらもないことを自分に言い聞かせながら死んで行くといい。

 

クリスマスを素敵な恋人と過ごす5つの方法

そんな都合のいいものはありません。仮にそんな方法があったとして、その提示された方法をぼくは実行出来る気がしませんし、実行できるような人には既に素敵な恋人がいるんじゃないかと思います。

人は孤独たるべくして孤独なんでしょう。

見方を変えれば孤独を甘受出来る精神的余裕があるということになりませんか?なりませんか。そういう風に考えないとまあまあつらいのでぼくの中ではそういうことにしておきます。

 

なんとなくこれを書こうかな、みたいなことは色々あったんですがなかなか記事に起こすのがしんどくてブログの更新が長らく途絶えてしまいました。

これからはもう少し短めのを高頻度で書いていきたいと思います。

 

大学三回生も終盤で、いよいよ卒業後のことを考えないといけない時期ですね(そもそも卒業できるのかということは置いておいて)。

就活とか意識高い系がやることだろwまだえーわwと思っていたのですがなんか周りを見ると本格的にやばそう(具体的に何がどうやばいのかはわかっていない)で焦燥感が募るのですが、焦るばかりで何も出来ないです。過去の自分が公認会計士の勉強をしなかったことを責めたりはしてます。過去の自分も責められる謂れが無さすぎてビックリだと思います。

周りの人達が、意識高い系でもない人たちもインターンや企業説明会みたいな奴に行き出したり、公認会計士の一次試験通ったり、着々と将来に向けて歩みを進めている一方、ぼくは引きこもってネット麻雀をして段位が上がったのを喜んでいる、冷静になってみるとすごくまずい状況なんじゃないかと。

どう考えても何かしら行動を起こさないといけないことはわかってるんですが、心のどこかで「でもまあ結局なんとかなるんでしょ?」みたいに考えてしまってすぐに動き出そう、という気になれません。

今までの人生ででもまあ結局なんとかならなかった経験がないので、どうしても甘く見てしまうんですよね。

もっとも、そろそろ手痛いツケを払わされるような予感はすごくします。誰か助けてくれと言っても誰も助けてくれないことはよくわかってるんですが、言わせてください。

誰か助けてくれ。

青雀旗

ブログに書くことは出来るだけ普遍的な内容にしようと思っていたんですが、そうするとなかなかネタが無くなってしまって困っています。ひたすら何かを攻撃するかひたすら生き辛さを嘆く内容しか湧いてこないので己の人間性のボロボロさ加減がよく分かります。
日々の生活で思うところがあることを随筆みたいに書ければいいんですが、如何せん全く広がりのない日常を過ごしていて、イベントだとか真新しい体験だとかが乏しいのでそれも難しいです。
 
そういえば先日まちかね祭なるものが開催されていましたね。ぼくはサークル的なコミュニティーに参加していないので学祭は一回生の時にチラ見して以来一度も行っていないんですが、チラ見した感じ「やってるお前らは楽しいんだろうな」感がすごかったです。自分で書いていて僻みにしか見えないのであまり言いたくはないんですが、内輪だけで楽しんで外部からのお客さんは置いてけぼりな感じでした。
しかし、ツイッターで「今年のまちかね祭は去年までの閉塞的な感じが全然無くて良かった」というような旨のツイートが二、三見られたので、そのような雰囲気も改善されているのかもしれません。まあどうせぼくは行きませんが。
 
やはり何を書いても多少の攻撃性が含まれてしまって良くないですね。誰も憎まないで生きていたいただそれだけなんだ。
 
さて、そんな学祭にすら行かないような起伏の無い日々なのですが、この間は珍しくブログに書けるようなイベントがありました。
全国なんとか大学対抗なんとか青雀旗麻雀大会、要するに大学生の麻雀の大会です。
ぼくは石橋の雀荘ミラージュ代表で出てきました
全国の予選を勝ち抜いたわざわざはるばる北海道から参加するチームも含め48チームが参加するそこそこ歴史もある麻雀大会なんですが、なんか弾みで3位に入賞しちゃいました。
麻雀というゲームをあんまり知らない人からするとめっちゃすげえと思うかもしれませんが、麻雀は運要素がかなり大きいゲームなので、特に今回の大会のような数回の結果で勝敗を決める場合、ほとんどツイてるかツイてないかが問題で実力はあんまり反映されないものなんです。
つまり、ぼくはこの大会に参加した全国の大学生の中で三番目にツイてたというわけです。ある意味めっちゃすげえと言ってもいいかもしれません。
もっとも得たものといえば5000円の商品券と雀荘のメンバーさんからの煽りとブログのネタくらいですけどね。クソ狭い下宿なので盾が邪魔でしかないです。
 
就活で話せるやん!とぼくとチームで出場した雀ゴロKくん(当然ですが有名な人ではありません)は言っていたのですが、ウケがいいかは果てしなく微妙ですよね。就活のことを考えるだけで比喩ではなく頭が痛くなるのでそもそも自分が就活出来るのかも果てしなく微妙です。
いよいよもって遠くない未来のものになって来ているのが怖すぎですね。モラトリアム短すぎる。
 
どうしても気付いたら生き辛さを嘆く方向に内容がシフトしてしまう。誰か助けてくれ。苦しみを全て受け止めてくれる母性が求められる。

歌は人類が生み出した文化の極み、とは某シ者の言葉ですが、本当にその通りだと思い
ます。歌っていいですよね。歌が無かったら人生が今より数段階は厳しい物になってい
たような気がします。

音楽にそれほど興味が無いという人はいても、音楽そのものが嫌いだ、という人は見た事が
ありません。人類の共通言語だとまで言うと少し大袈裟な気もしますが、人類にとってのナ
チュラルな文化、楽しみであることは間違いないでしょう。

そんな音楽の最も原初的な形態が歌です(違ったらごめんなさい)。当然ながら人はだいた
いみんな歌うのが好きです。カラオケなんてものがそこら中にあるのはみんな歌いたいのに
そのへんの路上やアパートではなかなか歌う事が出来ない現代社会に対するアンサーでし
ょう。

しかし、歌うのが嫌いとまでは言わないまでもそんなに好きじゃ無いという人はたまにいま
すよね。恥ずかしいからカラオケに行きたくない、苦手だというのはまま聞く話ではありま
す。
でも、こういった人の多くは別に歌うこと自体が嫌いなんじゃなくて、上手く歌を歌えない
からそう感じているんだと思います。
J-POPの歌手がヘタクソな歌でもいいよ〜みたいなことをよく歌っていますし、「僕は/私は
ヘタだけど自分がたのしいからそれでいい!」と開き直る人もいますね。あるいはヒトカラ
専門になる人もいるでしょう。
そのことを否定する気は一切無いんですが、やはりどうしても音程が合わなかったり好きな
曲の音域が出なかったりするともどかしい気持ちになってイマイチ楽しく無いと思うことも
あるんじゃないでしょうか。

つまり何が言いたいかと言うと、みんな歌を練習しようぜ!ということです。
特に自分が音痴だと思っている人は是非。僕はもともとけっこうな音痴だったのですが、練
習して(偉そうなことを言えるほど上手くなってはいないんですが)、歌がある程度まとも
に歌えると滅茶苦茶気持ちいいですよ。下手だった時もまあそこそこ楽しんではいたんです
が、もうその比ではないですね。自分の成長が実感出来た時の喜びもなかなか得がたいもの
があります。

あんまり無責任なことは言えないし受け売りなんですが、本物の音痴(音感が全くない)っ
ていうのは殆どいなくて、誰でも正しい方法で練習すればちゃんと上手くなるらしいです。
なので今まで「どうせ音痴だし…」と腐っていた人や「歌とか下手でいいし!」と強がってい
た人にも練習して歌が上手くなる快感を知って欲しいですね。
そして「録音した自分の声キッモwww」とか「この歌のここかすれずに歌えるようになっ
た!」みたいなよくある小さな感動をシェアしましょう。

アルバイト

このブログを読んでくれている人のほとんどが大学生で、さらにその内のほとんどの人がアルバイトをしている/いたのではないでしょうか。

大学生といえばバイトとサークルに明け暮れるもの、というステレオタイプがありますよね。実際その通りの人も多いと思います。

 

しかし、僕はアルバイトをしていません。したこともありませんし、今後する気もありません。それほどお金に困っていないということもありますが、単純にしたく無いというのがその一番の理由です。アルバイトをするか三食お茶漬けかを選べと言われたらノータイムでお茶漬けを選択します。バイトか死かと言われたら断腸の思いでバイトをするとは思いますが、その時の精神状態によっては怪しいですね。

 

それくらい働きたくないんです。

 

こう書くと僕がとても怠け者かのように感じられると思うんですが、まあ、それも確かに否定は出来ません。しかし、僕が働きたくない最大の理由は、どうしても働くことに責任が発生するからなんですね。

責任アレルギーとでもいうべきなんでしょうか、自分の失敗によって他人に迷惑がかかり、その責任を追及される可能性がある、そのことを想像するだけでたまらなく嫌な気分になります。

 

これは自分でも本当に病的だと思うんですが、それなのに人に迷惑をかけないように一生懸命頑張るということが出来ないんですよね。もうこれは"頑張れない"っていう根本的な性質だと思っています。そんな意味不明な諦観に浸っている暇があったらその性格を直すための努力をしろ、というのは至極もっともな意見であり返す言葉もありません。

が、正直僕自身にどうにかできる気がまったくしないので何か考え方を180度変えてくれるような外的要因待ちですね。丸投げです。

 

こんな社会不適合者が責任を被らないために選んだのが、そもそも責任が発生する可能性のあることをしない、即ちアルバイトをしない、ということなんですね。サークル活動や、何らかの共同体に属さないのも大体同じ理由です。こっちは単純にコミュ障だからというのもありますが。

 

アルバイトもサークルもしていないというとコイツヤバイみたいな反応をされる世界、とても生き辛い。社会不適合者達でCoup d'étatを起こせ。

君の名は。

新海誠監督の映画「君の名は。」が空前の大ヒットを飾っていますね。

 

一応氏の過去作品はだいたい見ているのですが、オタクの心に寄り添って掴んでくる物語、という印象があったので今作が広い視聴者層にウケているのには驚きました。

 

基本的に出不精で映画館があまり好きでは無いということもあってまだ見ていないのですが、(BDが出たら買うつもり)逆にぼくのような人間に対しては合わなくなっているのではないかと心配です。評判や感想を聞く限りでは青春!まぶしい!愛してる!みたいな内容のようなので、場合によっては直視に絶えず抑鬱状態になりそうです。

 

具体的にいつ頃からかは分からないのですが、加齢と共に美しい物語を見るのがしんどくなってきました。

登場人物の純真さ、誠実さを見ると否応なく自分の心の汚さを認識させられて行き場のない罪悪感に襲われますし、愛が起こす奇跡も救済も自分の人生には無いものなんだよなあ…という考えが頭をちらついてしまってどうにもつらい気持ちになります。

自分の人生と物語は比べるものではないし、むしろ現実にないからこそ輝くものだということもわかってはいるんですけどね。

 

むしろビターエンドの方が気持ちが楽になります。

救いのない物語の方が僕にとっては救いになってくれるというのは皮肉な話ですね。

そういう意味では同監督の「秒速5センチメートル」は非常にオススメしたい作品です。

どこまでも物語的なのにどこか現実的で、何度見返しても感情を動かされます。

BDもお手頃価格なので「君の名は。」を見て良いと思った人はこちらも是非どうぞ。背景美術もメチャクチャ綺麗で背景だけ眺めていられるレベルですよ。

 

 

こんなビターエンドの作品があってしみじみして良いよ!ってのがあったら教えてください。

 

 

昨日の時点ではまあすぐにブログ削除するやろなと思っていたんですが、なんとまた筆をとっております。生涯でブログは10回くらい開設しましたが、二つ目の記事を書いたことは一度もありません。人は成長するものですね。

 

書いている時はそんなに気にならなかったんですが、読み返してみると自分の文章って随分気持ち悪いものですね。具体的にどこが気持ち悪いのかわからないのが性質が悪い。絶対的に気持ち悪いのか、自分が書いたものである、というフィルターを通して見たせいで気持ち悪く感じるのか。マジレスと助言を求めます。

 

さて、突然ですが皆さんは自分の顔についてどんな風に感じていますか?

自分の顔が好きでしょうか?

正直あまり好きじゃ無い、嫌いだという人も多いと思います。

理由としては、単純に顔の造形が美しく無いからというものが殆どでしょう。

しかし、イケメン(美少女)とは言えないまでも別に醜いわけでは無いくらいの容姿の人が自分の顔を卑下して自己嫌悪をネット上に垂れ流しているのをよく見かけます。 

これって"自分の顔"であることに対してマイナスのバイアスがかかることの証拠だと思うんですよね。

まあそういった人たちの中にはその卑下を否定してほしいだけだったり自分よりも容姿が劣る人へ嫌味が言いたいだけの良い性格の人も多いんでしょうが。

本当にフラットに自分を客観視して評価することは難しいのかもしれませんね。

 

ちなみに僕は割と自分の顔を客観視出来てる自信があって、我が顔は結構不細工だと思ってますが、実は自分の顔はそんなに嫌いじゃ無いです。

 

何故か、単純なことです。

 

不細工をイジられるのがオイしいからです。

 

身も蓋も無いですがこれは心からこう思っていることで、変に気を遣って別にそんなに不細工じゃないよとかフォローされるよりお前ブッサイクやなぁ!と笑われる方がやりやすいし嬉しいです。

むしろ容姿を笑われてキレる理由が全く分かりません。だって俺が不細工なの俺に全く責任無くない?

というわけで、皆さん是非積極的に僕を罵って下さい。女性からだとなお嬉しいです。

 

 

一人称がバラけているところに自我の不安定さが伺えますね。

明日以降も頑張ってブログを書きたいです。