読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の時点ではまあすぐにブログ削除するやろなと思っていたんですが、なんとまた筆をとっております。生涯でブログは10回くらい開設しましたが、二つ目の記事を書いたことは一度もありません。人は成長するものですね。

 

書いている時はそんなに気にならなかったんですが、読み返してみると自分の文章って随分気持ち悪いものですね。具体的にどこが気持ち悪いのかわからないのが性質が悪い。絶対的に気持ち悪いのか、自分が書いたものである、というフィルターを通して見たせいで気持ち悪く感じるのか。マジレスと助言を求めます。

 

さて、突然ですが皆さんは自分の顔についてどんな風に感じていますか?

自分の顔が好きでしょうか?

正直あまり好きじゃ無い、嫌いだという人も多いと思います。

理由としては、単純に顔の造形が美しく無いからというものが殆どでしょう。

しかし、イケメン(美少女)とは言えないまでも別に醜いわけでは無いくらいの容姿の人が自分の顔を卑下して自己嫌悪をネット上に垂れ流しているのをよく見かけます。 

これって"自分の顔"であることに対してマイナスのバイアスがかかることの証拠だと思うんですよね。

まあそういった人たちの中にはその卑下を否定してほしいだけだったり自分よりも容姿が劣る人へ嫌味が言いたいだけの良い性格の人も多いんでしょうが。

本当にフラットに自分を客観視して評価することは難しいのかもしれませんね。

 

ちなみに僕は割と自分の顔を客観視出来てる自信があって、我が顔は結構不細工だと思ってますが、実は自分の顔はそんなに嫌いじゃ無いです。

 

何故か、単純なことです。

 

不細工をイジられるのがオイしいからです。

 

身も蓋も無いですがこれは心からこう思っていることで、変に気を遣って別にそんなに不細工じゃないよとかフォローされるよりお前ブッサイクやなぁ!と笑われる方がやりやすいし嬉しいです。

むしろ容姿を笑われてキレる理由が全く分かりません。だって俺が不細工なの俺に全く責任無くない?

というわけで、皆さん是非積極的に僕を罵って下さい。女性からだとなお嬉しいです。

 

 

一人称がバラけているところに自我の不安定さが伺えますね。

明日以降も頑張ってブログを書きたいです。