読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリスマスを素敵な恋人と過ごす5つの方法

そんな都合のいいものはありません。仮にそんな方法があったとして、その提示された方法をぼくは実行出来る気がしませんし、実行できるような人には既に素敵な恋人がいるんじゃないかと思います。

人は孤独たるべくして孤独なんでしょう。

見方を変えれば孤独を甘受出来る精神的余裕があるということになりませんか?なりませんか。そういう風に考えないとまあまあつらいのでぼくの中ではそういうことにしておきます。

 

なんとなくこれを書こうかな、みたいなことは色々あったんですがなかなか記事に起こすのがしんどくてブログの更新が長らく途絶えてしまいました。

これからはもう少し短めのを高頻度で書いていきたいと思います。

 

大学三回生も終盤で、いよいよ卒業後のことを考えないといけない時期ですね(そもそも卒業できるのかということは置いておいて)。

就活とか意識高い系がやることだろwまだえーわwと思っていたのですがなんか周りを見ると本格的にやばそう(具体的に何がどうやばいのかはわかっていない)で焦燥感が募るのですが、焦るばかりで何も出来ないです。過去の自分が公認会計士の勉強をしなかったことを責めたりはしてます。過去の自分も責められる謂れが無さすぎてビックリだと思います。

周りの人達が、意識高い系でもない人たちもインターンや企業説明会みたいな奴に行き出したり、公認会計士の一次試験通ったり、着々と将来に向けて歩みを進めている一方、ぼくは引きこもってネット麻雀をして段位が上がったのを喜んでいる、冷静になってみるとすごくまずい状況なんじゃないかと。

どう考えても何かしら行動を起こさないといけないことはわかってるんですが、心のどこかで「でもまあ結局なんとかなるんでしょ?」みたいに考えてしまってすぐに動き出そう、という気になれません。

今までの人生ででもまあ結局なんとかならなかった経験がないので、どうしても甘く見てしまうんですよね。

もっとも、そろそろ手痛いツケを払わされるような予感はすごくします。誰か助けてくれと言っても誰も助けてくれないことはよくわかってるんですが、言わせてください。

誰か助けてくれ。